三田評論-2013年11月号-社中交歓(飴)

 

『飴を練る 機を楽しむ』

 食べて台(よろこ)ぶから「飴」というそうだが、これに見る楽しさが加わって昔ながらの飴細工。握り鋏一丁、むしろすぐ食べられないようにうまいこと愛らしい動物などの形にするのが勝負なのだが子供にはよく負ける。細工は飴を切る・曲げる・伸ばす・挟む・つぶすという動作をいくつか同時にやるので見ていて不思議な速さで動物たちが生まれる。ピンポン玉大の飴が三分ほどで五百円から千五百円の品物になる錬金術的な手技は本より見て盗んだ技を磨いた。職人のような芸人のような、雑誌では絶滅危惧種の取材を受けた。こだわっている点は一つ。一つの飴の塊を残さず余さず全部を使い切って最終形に仕上げる。英語ではcandy sculptureとも言うが、不要な部分を切り落とすということはしない。逆に部分をつくって合わせることもない。おまけや見栄えを良くするために飴を後から足すことはあるが、ウェブサイトにはあえて基本形しか載せず実演を見てのお楽しみにしている。

 出張実演で呼ばれる先は様々、会う人も様々。結婚式の余興で行った夫婦が数年経って子供連れで祭りの屋台に来てくれた。連合三田会の催しで懐かしの日吉キャンパスで同級生に会った。飴細工のおかげで嬉しい出会い再会が一杯。この五日からは中東アブダビへ出張実演に行く。

水木貴広 飴細工師 平8法